FX Office
無料!高性能オールインワンFXソフト Meta Trader4


 ファンダメンタルズ分析とは?


ファンダメンタルズ分析とは経済を構成する基礎的な条件を利用して将来の為替の動向を予測する分析方法です。
基礎的な条件と言うのは、
『各国の金融政策』『主要経済指標』『要人発言』『政治』など色々あります。
このうち相場にかなりの影響を与えるのはやはり
『金融政策』ではないでしょうか。その金融政策なかでも『政策金利』は直接的に相場を動かす要因になります。資本はやはり金利の高いところへ移るのが原則だからです。
金融政策などに関係する発表や主要経済指標、要人の発言などによって相場のトレンドが変わる事は大いにあります。

ファンダメンタルズ分析に活用できるものは、身近ではTVニュース、新聞、情報サイトなどで入手できます。FX口座を開設してあればそのホームぺージや取引ツールでリアルタイムで情報が届くサービスがあるところもあります。


 メリットとデメリット


メリット何なのでしょうか?ファンダメンタルズ分析の最大のメリットは相場の大きな流れを掴める事だと思います。
先ほど言った金融政策や経済指標をチェックするだけでもその国の通貨が買われやすい環境になったのか。または売られやすい環境になったのかが判断できます。相場がどの方向になっていくのか大まかですが分かりやすくなります。
資本の流れが掴めれば今後のポジションの取り方が決まってきます。

ではデメリットは何でしょうか?それは相場の方向性が見えても売買のタイミングが難しい所でだと思います。
例えば、色々なファンダメンタルズで自分なりに方向性を掴んでドル安になりそうだと予測します。でも今すぐに仕掛けても良いものかもう暫く経ってから仕掛けるべきか迷う場合があります。ドル安の情報が出ても確実な材料が出ない限りすぐに相場の値動きに影響しない場合があります。このようにファンダメンタルズ分析からの相場観と実際の相場観にギャップが出てしまう事があります。
大切なのは分析する事によって資本の大きな流れを掴み相場の方向性を確認する事なのです。


 主要経済指標


政策金利
政策金利とはその国の中央銀行が各金融機関に貸し出す際に適用される金利を意味します。日本では公定歩合、アメリカではフェデラルファンドレート(FF金利)と呼ばれる金利の数値です。経済が安定成長するのに必要な調整装置のようなもので景気引き締めには金利を上げ景気向上を促すには金利を下げます。為替市場では各国の通貨の金利差によってスワップポイントが発生しますので一般的には高金利通貨が買われやすくなります。
政策金利の動きは相場を判断するには非常に重要な材料です。

雇用統計
雇用統計とは製造業就業者数、非農業就業者数、小売業就業者数、週労働時間、前月の失業率などの雇用に関係する指標を指します。
その中でも失業率や非農業就業者数は重視されてます。失業率はその国の経済上状況を直接的に表しますし、非農業就業者数は農業に携わっていない労働者で尚且つ経営者、自営業者以外の人がどれだけ職に就いているかを表す指標です。経済の成長力を見るには重要な指標です。
雇用統計はその国の経済状況を指し示す指標として重要でありファンダメンタルズ分析の重要材料です。

住宅着工件数
住宅着工件数とは月間に着工した新築住宅戸数を表す指標です。相場で大きな影響を与えるのはやはり米国の住宅着工件数です。住宅の需要は自動車の販売件数とともに消費の傾向を把握するのに重要です。
為替相場の反応としては、予想値を上回れば買い材料、下回れば売り材料となります。
住宅着工件数が相場に影響を与えるのは何故かと言うと家を建てるのにはそれに関係するものも沢山あるからです。家具や電化製品、色々な家財が必要になってくるという事です。住宅投資の増加は消費財の需要増加につながり景気を押し上げます。

貿易収支統計
貿易収支統計とは輸出額から輸入額を差し引いたものです。輸出は資金を受取り、輸入は資金を支払う事ですから、黒字になれば買い材料、赤字になれば売り材料になります。そして、貿易収支の算出金額の基本となるのが為替レートです。ややこしい関係性ですが重要です。
特に輸出大国である日本にとっては為替の影響を大いに受けますのでレートには敏感にならざるを得ません。例えば、トヨタでは1円の円高で100億円、ソニーでは80億円近くの損失があると言われています。主要国の貿易収支は重要な指標のひとつとして毎月更新されているので忘れずにチェックしましょう。

国民総生産
国民総生産(GDP)とは新しく生産されたモノやサービスの付加価値の合計金額を指します。
実質GDPは名目GDP(国内で生産されたモノやサービスの所得合計)から物価の変動を排した生産量を把握する事が出来ます。実質GDPの方が物価の変動に左右されずに生産量を把握できるのでその国の経済成長を見ることができます。
多数の経済指標の中でもGDPは重要度が高く相場へあたえる影響も大きくなります。GDPは四半期毎に発表されますが『速報値』『改定値』『確定値』と3回に分けて発表されるのが特徴です。なかでも『速報値』は相場に影響します。予想値を上回れば買い材料、下回れば売り材料となります。

他にも数々の指標があります。サプライズ的な発表でも相場を動かす要因になります。



 Home


FX投資にはリスクがあります。HPで紹介したサイト等は各自の自己責任にて行なわれたものとして当方は一切の責任を負いません。
Copyright(C) 2007 『FX Office』. All rights reserved.
inserted by FC2 system