FX Office
無料!高性能オールインワンFXソフト Meta Trader4


 基本的な注文方法

リアルプライス注文

リアルプライスというのは、現在の
為替レートを画面で確認しながら、外貨を売買する注文方法のことをいいます。実際に取引画面に買値と売値が表示されますので、その画面を見ながら外貨を現在の取引値で売買することができます。
注文時点で値段を指定することなく、注文時点の提示レート(買い注文であればオファーレート、売り注文であればビッドレート)で約定する注文です。

2WAY… 売り買い両方の値段を見ながら注文する方法です。
売・買… 売り(買い)の片方の値段を見ながら注文する方法で、成立前に値段が確認できるます。

リアルプライス注文を出した後は、成立・不成立(時間切れ)にかかわらず、すぐに取引履歴画面を確認しましょう。


成行注文

実勢レート(今表示されている値段)で注文する方法です。値段を指定せずに為替動向を見ながらに注文する方法ですから、すぐに注文が出せます。約定は注文がFX会社に到着した時点の実勢レートになります。提示されたレートと異なるレートで約定する場合があるので注意して下さい。

成行注文を出した後は、成立・不成立(時間切れ)にかかわらず、すぐに取引履歴画面を確認しましょう。


指値注文

買値や売値を
自分が取引したい価格を指定する注文です。パソコンの前でじっと待つ必要がなく自動で売買を行ってくれるため、常に為替レートを確認できない時には『指値注文』が便利です。

指値注文を出した時点では約定はしません。注文時の提示レートで、指値レートと提示レートを比較して約定処理が行われます。このため約定する条件の指値で注文を行った場合でも約定しない場合や、注文時の提示レートと異なるレートで約定することがあります。


ストップ(逆指値)注文

現在のレートより『
指定のレートまで下がったら売り』『指定のレートまで上がったら買い』というように『指値注文』の逆の注文形態です。
不利なレートで注文を入れる事なりますが通常は、相場のトレンドにうまく乗る為や、一定の利益確保または損失を限定する
ロスカット(損切り)を行うための手法として使われます。

逆指値注文を出した時点では約定はしません。ですから、約定する条件の指値で注文を行った場合でも約定しない場合や、注文時と異なるレートで約定することがありますので注意が必要です。


IFD(イフ・ダン)注文

二段階の条件で指値注文が出せる注文方法です。一度に二つの注文を出して、最初の指値注文が約定したら二つめの指値注文が自動的に有効になります。二つ目の注文は最初の注文が約定しなければ有効になる事はありません。
いくら以下になれば買い、いくら以上になったら売りたい』といった時に便利です。
これもパソコンの前でじっと待つ必要がなく自動で売買を行ってくれるため、常に為替レートを確認できない時には便利です。


OCO(オー・シー・オー)注文

指値と逆指値の2つの注文を同時に出しておき、どちらか一方の注文が成立したら、自動的に
もう片方がキャンセルとなる注文方法です。
利益確定の指値注文と逆指値注文を組合わせた注文が可能になります。この注文方法では、自分の予測通りに相場が動いた時、逆に反した時のどちらにも対応する事ができます。
『いくら
以上になったら買い(売り)、いくら以下になったら買い(売り)』
といった時に有効な注文方法です。利食いと損切りの注文を予め出しておく事で相場の急激な変化でも利益確定や損失限定に対応できます。


IFO(イフ・ダン・オー・シー・オー)注文

IFDとOCOを組み合わせた注文方法です。最初にIFD注文が約定した後に、自動的にOCO注文が有効になりす。IFOで注文した場合『ポジションの仕込み』『
利食い』『損切り』の三つの要素すべてを実現します。

ロングポジション(買い)の場合
 『○○円になったら買い、それが○○円又は○○円になったら売り』
ショートポジション(売り)の場合
 『○○円になったら売り、それが○○円又は○○円になったら買い』
という事になります。

特に仕込から利食い(損切り)まで一度で全て自動で注文してくれるのです。このIFO注文で知らない間に大きな損失を出してしまうというようなリスク、売り時を逃してしまったという失敗も解消されます。うまく使わないと損ですね!朝に注文を出して時間がなければ後はほったらかし何て事もできます。


ロスカットルール

損切りルールの事です。現在の自分のポジションまたは口座全体の評価損が、ある一定レベルになった時に、さらなる損失の拡大を未然に防ぐ為に対象ポジション、または口座の全ポジションを反対売買により強制的に決済する制度のことです。
強制的にポジションがすべて反対売買により決済されるなんてひどいと思うかもしれませんが、制限がないFXで買いポジションを保有していて、相場が急落した場合、マージンコールやロスカットルールが設けられていないと、取引保証金額や預かり資産の額を上回ってしまいます。預け入れた資産を全額失うばかりか、追加で損金を支払わなければならない可能性もあるのです。



 Home


FX投資にはリスクがあります。HPで紹介したサイト等は各自の自己責任にて行なわれたものとして当方は一切の責任を負いません。
Copyright(C) 2007 『FX Office』. All rights reserved.
inserted by FC2 system